収入証明書とは

融資申し込みにおいて必要書類というのがありますが、
この必要書類の中に収入証明書があります。

収入証明書とは名前の通りであり、自分の収入を証明することができる書類が必要です。
収入証明書にはいくつもの使える書類がありますが、代表的な書類で言いますと
自分の勤め先の給与明細、年末の源泉徴収票、又は翌年の確定申告などが主な書類です。

一般的に収入を得るためにはどこかの会社で雇用されている人が大半ですが、
雇用されている人なら会社からの給与明細や源泉徴収票を簡単に準備することができるので、
こうした書類から融資申し込みをすれば良いです。

個人事業をしている人など、自分で何かの仕事をして稼いでいる人は
給与明細を出すことができないケースがありますが、
そのような人は確定申告を利用すれば良いです。

このように人によって収入の得方が異なるわけであり、
それぞれが用意できる収入証明書というのがあります。
そのため、融資を受けるために申し込みをする時は
しっかりと申込先の利用条件から収入証明書の有無、
そして使える書類について確認して、必要ならば準備をしてから
申し込むことが大切です。

銀行カードローンなどでは小口融資の場合収入証明が不要

基本的に融資を受ける際は収入証明書が必要ですが、
総量規制対象外の会社なら不要で申し込めることがあります。
銀行などの融資条件を確認すると分りますが、限度額において
いくらまでの融資であれば収入証明書が不要と記載されていることがあります。
このような場合はその条件に当てはまる内容で申し込めば身分証明書だけで
申し込みをすることができるので、覚えておくと便利です。

50万円くらいの小口融資であれば収入証明は不要

キャッシング会社によっても異なりますが、50万円くらいの借入のように
小口キャッシングでは審査に収入証明書を必要をしない場合が多いです。
なので小口キャッシングの場合であれば基本的には身分証明書だけで
申し込めるので非常に楽になります。

融資を受けるときは金融会社で収入証明書が必要かどうかをしっかりと
確認しておき、必要な時に上記のようなそれぞれの収入を証明できる
書類をしっかりと準備したいところです。

COPYRIGHT© 2014 20万即日融資可能なキャッシング. ALLRIGHTS RESERVED.