総量規制の対象外の銀行カードローン

キャッシングなどで借入を行う際に総量規制というものがあって、
原則としては年収などの年間の収入に対して3分の1まで借入の限度額が
規制されることを言います。

貸金業者側で言うと貸付を行う時に法人での契約と個人での契約があり、
総量規制の対象になるのは個人向けの貸付となります。
つまり個人の借入がこの対象に当たります。
個人が事業用資金の調達として借り入れを行う場合はこの対象には含まれません。

銀行カードローンは総量規制の対象にはならない

個人の借入で銀行カードローンを利用する場合は総量規制の対象外となります。
これは賃金業法によって規制が規定されたことから
消費者金融などの貸金業者からの借入に関しては規制の対象となります。
しかし銀行からの借入に関しては銀行法に基づく規定のため、
総量規制の対象にはならないのです。

このことから銀行カードローンの利用で借入を行う場合は、
年収の3分の1以上の限度額でも可能になります。
また消費者金融と銀行系カードローンからの借入を合計して、
年収の3分の1以上の額になっても規制は受けない仕組みになっています。
銀行が扱うローン商品は消費者金融と変わりませんが、
法律上では全く別の者として扱われています。

銀行カードローンを利用して収入の3分の1以上の借入が可能だとしても、
返済が計画的に行えることを見込んで利用することが望ましいです。
そもそも規制があるのは借入の返済が出来なくなる人が出てきた事例が過去にあり、
消費者金融は借入の可能な額を規制することになったので、
このことを把握しておく必要があります。

COPYRIGHT© 2014 20万即日融資可能なキャッシング. ALLRIGHTS RESERVED.